っぽん文楽in難波宮 アーカイブ

持ち込み自由 飲みながら食べながら文楽 にっぽん文楽in難波宮
日時:2015年10月17日(土)~20日(火) 昼の部14:00開演、夜の部18:30開演
会場:難波宮跡公園(大阪歴史博物館・NHK前)

文楽発祥の地、大阪での初公演。舞台は、大阪歴史博物館やNHK大阪放送局が立ち並ぶ難波宮跡の広場に建てられた。演目は「二人三番叟」に「本朝廿四孝 奥庭狐火の段」と、賑やかでエンターテイメント性の高い演目で、晴天に恵まれた満員の客席と共に大いに盛り上がった。また、公演前や合間には、文楽を構成する太夫・三味線・人形それぞれについての解説や、組立舞台を設計した建築家と実際に組立建築を行う宮大工による舞台解説なども行った。

「二人三番叟」

太夫:豊竹睦大夫、豊竹芳穂大夫、豊竹靖大夫/三味線:鶴澤清馗、鶴澤清𠀋、鶴澤清公、鶴澤清允/人形:【三番叟】吉田玉男、【三番叟】吉田幸助

「本朝廿四孝 奥庭狐火の段」

太夫:竹本津駒大夫/三味線:鶴澤藤蔵、鶴澤清馗、鶴澤清公/人形:【八重垣姫】桐竹勘十郎

「解説」 太夫:豊竹靖大夫/三味線:鶴澤清𠀋/人形:吉田一輔
人形部:桐竹勘昇、桐竹勘次郎、桐竹勘介、吉田玉佳、吉田玉翔、吉田玉勢、吉田玉延、吉田玉路、吉田玉征、吉田簑紫郎、吉田簑次、吉田簑之 ※五十音順
囃子:望月太明藏社中

「組立舞台解説」建築家:田野倉徹也/宮大工:菜の実建築工房
※演者休演による配役変更有

YouTube